ふりーフェス!

人形が襲ってくる!復讐が復讐を呼ぶ探索型微ホラーアドベンチャーフリーゲーム『病弱ウサギとマリオネット 〜前編〜』紹介&レビュー!

 この記事はフリーゲーム『病弱ウサギとマリオネット 〜前編〜』を紹介・レビューしています。このゲームはホラー要素を多分に含んでいるストーリー重視の探索アドベンチャーゲームです。1~2時間程度でクリアできるアドベンチャーゲームながら、オリジナル曲も挿入してありストーリーを存分に楽しめますので『病弱ウサギとマリオネット 〜前編〜』を是非遊んでみてください。

 この記事はフリーゲーム『病弱ウサギとマリオネット 〜前編〜』を紹介・レビューしています。このゲームはホラー要素を多分に含んでいるストーリー重視の探索アドベンチャーゲームです。1~2時間程度でクリアできるアドベンチャーゲームながら、オリジナル曲も挿入してありストーリーを存分に楽しめますので『病弱ウサギとマリオネット 〜前編〜』を是非遊んでみてください。

ゲーム内容

ストーリー

引用元:【探索型微ホラーADV】病弱ウサギとマリオネット 〜前編〜 ゲーム画面

過去に紛失した、世界一美しい人形を超えるという目標を持つ天才人形師アベル・ヴィルドラックの息子のレオン・ヴィルドラックは、自身の誕生日パーティーで、父の跡は継がないと宣言し、会場から飛び出してしまう。

だがそれは、レオンが父・アベルを殺すべく用意した過程の1つに過ぎない。

アベルが部屋にやって来た所を殺してしまうつもりだったのだ!

しかし、それはアベルの人形を操る能力にあっさり防がれ、今まで作ってきた失敗作の人形が置いてあるという『哀命館(あいめいかん)』へとレオンを閉じ込めこめてしまう。

自分はどうなったのか、あの能力は何だったのか、疑問の尽きぬまま暗闇の館を彷徨う内に、ある1体の美しい人形と出会う。

登場人物

引用元:【探索型微ホラーADV】病弱ウサギとマリオネット 〜前編〜 ゲーム画面

レオン・ヴィルドラック

人形は好きだが、ヴィルドラック家を継ぐのが嫌で反抗するが、アベルによって哀命館に閉じ込められてしまう。アベルに対して鬱屈とした感情を抱えている。

引用元:【探索型微ホラーADV】病弱ウサギとマリオネット 〜前編〜 ゲーム画面

アベル・ヴィルドラック

冷酷で傲慢なレオンの父親。人を人として見ておらず、レオンのことを後継ぎであるとしか考えていない。人形を操ることができる。

引用元:【探索型微ホラーADV】病弱ウサギとマリオネット 〜前編〜 ゲーム画面

リディア―ヌ・クライレイ

哀命館で出会ったレオンのことを知っている人形。球体関節が無ければ生きている人形と変わらない。ある方との約束だそうだが、何故かレオンの安全を配慮してくれる。

システム

引用元:【探索型微ホラーADV】病弱ウサギとマリオネット 〜前編〜 ゲーム画面

哀命館(あいめいかん)の探索

人形の墓場である哀命館を脱出する為に、館内を探索することになります。

暗闇のまま探索することはできないので、まずは明かりを点けましょう。

館には数々の仕掛けがあるので、解き明かさないと先には進めません。

引用元:【探索型微ホラーADV】病弱ウサギとマリオネット 〜前編〜 ゲーム画面

メニュー画面

所持しているアイテムの確認とセーブをすることが出来ます。

いつでもセーブできるので安心です。

フリーゲームレビュー

引用元:【探索型微ホラーADV】病弱ウサギとマリオネット 〜前編〜 ゲーム画面

評価ランク『B+』売っていても不思議ではない。

 イラスト・BGM・アニメーションを全てオリジナルで書いていて、このゲームに懸ける熱量の強さは疑うべくもありません。

RPGツクール系のゲームの中では、ここまで凝っている物は少ないのではないでしょうか。

 ただ、凝っているからからこそRPGツクールで作っているのが勿体ないです。

ここまで凝るなら、ツクールを辞めて屋敷のデザインも改良すれば有料ゲームレベルには仕上がるでしょう。

ゲーム評価

ストーリー・登場人物

引用元:【探索型微ホラーADV】病弱ウサギとマリオネット 〜前編〜 ゲーム画面

評価ランク『A-』怖すぎ。

 全てに一貫性があって、設定からぶれている様子も一切させないのに、機械的にならず、それぞれの登場人物が生きているかのように演出できています。

一部理解できない行動を取ることがありますが、それも人形の人間らしさの表現方法と考えればおかしいとも感じません。

 ただ、このゲームのジャンルを微ホラーと呼ぶには怖すぎる内容になっています。

内容を考えると、このゲームはサイコホラーに分類されるのではないでしょうか。

システム

引用元:【探索型微ホラーADV】病弱ウサギとマリオネット 〜前編〜 ゲーム画面

評価ランク『B』オリジナルの歌を入れるとは!

 基本は、よくある探索アドベンチャーのシステムと変わりがないのですが、オリジナルBGMやOPアニメーションを入れていて拘りを感じさせますし、初音ミク(ボーカロイド)に歌わせた歌を挿入している部分はオリジナリティが光っています。

 ただ、ストーリーを重視するあまりか主人公の視界が狭くて操作しずらいです。

もう少しプレイヤーに親切にしないと途中であきらめる人がでるかもしれません。

グラフィック

引用元:【探索型微ホラーADV】病弱ウサギとマリオネット 〜前編〜 ゲーム画面

評価ランク『B+』イラストは良いが最初が暗い。

 レトロでモダンゴシックなデザインのイラストを多数挿入していることで、強い感情を表している部分をより強く表現できていて、とても館とは思えない変化する構造がストーリーを最大限に活かしています。

ストーリー重視のゲームとのことなので、その視点から見てみると欠点は全く見当たりません。

 ただ、1階の明かりを手に入れるまでが暗すぎます。

もう少し明かりを手に入れやすくしてもいいのではないでしょうか。

総評

引用元:【探索型微ホラーADV】病弱ウサギとマリオネット 〜前編〜 ゲーム画面

評価ランク『B+(EX『A』)』ストーリー重視というだけはある!

※今回のゲームは通常の評価ランクでは推し量れない為()内に満足度を書いています。

 イラストの数、OP、オリジナル曲を入れていて、ストーリーを盛り上げるような作りになっていますし、登場人物が生き生きとしていて人形の感情が複雑に表現されています。

特筆するシステムこそないよくある探索アドベンチャーですが、イラストの挿入が各所にあるので、登場人物に引き寄せられていきます。

 ただ、これを微ホラーと思って始めたら怖くて進められないかもしれません。

紹介記事リンク

ゲーム名【探索型微ホラーADV】病弱ウサギとマリオネット 〜前編〜
投稿者名東雲あいる
記載時のバージョン不明
ゲーム投稿日2020-12-28
記載時最新更新日2021-01-03
ジャンル探索型微ホラーADV
推奨年齢不明
動作環境ニコニコ動画・RPGアツマール
必要ソフト・ランタイムなし
動画投稿の使用許可使用自由
ニコニコ動画ゲームページhttps://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm17736
参考:ニコニコ動画・ゲームアツマール

※記事投稿後に更新がありましたらコメントに書き込んでください。

記事にできるほどの更新内容であればまた投稿させて頂きます。

1 thought on “人形が襲ってくる!復讐が復讐を呼ぶ探索型微ホラーアドベンチャーフリーゲーム『病弱ウサギとマリオネット 〜前編〜』紹介&レビュー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。