ふりーフェス!

聖霊と協力して魔物を倒せ!幽獄から脱出する管理型脱出ロールプレイングフリーゲーム『幽獄の14日間』紹介&レビュー!

 この記事はフリーゲーム『幽獄の14日間』を紹介・レビューしています。このゲームは1~2時間は遊べる管理型脱出RPGです。『幽獄の14日間』は14日以内に魔物を倒して部屋から脱出することが目的になるので、どれだけ効率的に強くなるかが攻略の鍵になります。『幽獄の14日間』で自分なりの遊び方を見つけてみて下さい。

 この記事はフリーゲーム『幽獄の14日間』を紹介・レビューしています。このゲームは1~2時間は遊べる管理型脱出RPGです。『幽獄の14日間』は14日以内に魔物を倒して部屋から脱出することが目的になるので、どれだけ効率的に強くなるかが攻略の鍵になります。『幽獄の14日間』で自分なりの遊び方を見つけてみて下さい。

ゲーム内容

ストーリー

引用元:幽獄の14日間 ゲーム画面

あなたは幽獄に閉じ込められている。

14日以内に脱出しなければ二度と脱出できない。

それは事実。

だからこそあなたは脱出したいのだから・・・。

登場人物

引用元:幽獄の14日間 ゲーム画面

主人公(名称自由)

幽獄に囚われている謎の人物。14日以内に脱出しなければ幽獄に閉じ込められてしまう。詳細は不明。

引用元:幽獄の14日間 ゲーム画面

黒の聖霊(名称自由)

初めての召喚で仲間になるノーマルモードの初期聖霊。聖霊同士の会話では黒い部分も見え隠れする。

システム

引用元:幽獄の14日間 ゲーム画面

幽獄からの脱出

幽獄の出口で待っている魔物を倒して脱出できるように、14日間の間に主人公たちを強化するのが今作の目的です。

余り強化にてまどると詰んでしまうので、効率よく強化していきましょう。

引用元:幽獄の14日間 ゲーム画面

聖霊召喚

魔法陣で聖霊召喚を行うことができます。

MPを消費することで聖霊か魔物がランダムで出てくるMP召喚と、触媒使うことにより狙ったものを出す触媒召喚の2つがあります。

引用元:幽獄の14日間 ゲーム画面

資源採取

魔法樹』や『鉱脈』から資源を手に入れることができます。

魔法樹』からは実や木材が、『鉱脈』からは鉄等の欠片が手に入ります。

引用元:幽獄の14日間 ゲーム画面

アイテム合成

手に入れた資源や素材を錬金釜で合成してアイテムを作り出すことができます。

聖霊召喚に必要な触媒や、仲間の装備もここで作ることができます。

引用元:幽獄の14日間 ゲーム画面

魔術書の習読

1日に1冊魔術書が読めます。

同じ本を一定回数読むと、記されている魔術を習得できます。

引用元:幽獄の14日間 ゲーム画面

ベッド(就寝)

就寝をすることで、仲間全員の『HP』と『MP』を回復できます。

また、日をまたぐことで、資源や本の観覧可能数も回復します。

引用元:幽獄の14日間 ゲーム画面

会話

仲間同士で会話ができます。

聖霊の数が増えたり、レベルが上がったりすれば、見られる会話も増えていきます。

引用元:幽獄の14日間 ゲーム画面

難易度の追加

クリアするごとに更なる難易度が解放されます。

NORMALモードをクリアするとHARDモードが、HARDモードをクリアするとEXTRAモードが追加されます。

HARDモードを選択すると、1周目のNORMALモードでは見なかった『新キャラの追加』や、『敵の強化』や『聖霊召喚での聖霊出現確率低下』『就寝時の回復量制限(HP最大値の半分回復)』といった難易度の上昇が適応されます。

EXTRAモードの場合は、基本的にはHARDモードと同じですが、『初期聖霊がランダム』になり、モード選択後に『聖霊出現数に制限』がつけられます。

制限数は自由ですが、制限に達している場合は触媒を使っても聖霊は出てきません。

フリーゲームレビュー

引用元:幽獄の14日間 ゲーム画面

評価ランク『A-』やり尽くすべきゲーム

難易度NORMALとHARDは所詮新キャラを追加しただけの違いだと思って遊ばない方は間違いなく損をしています。

確かに『新キャラの追加』と『イベントの追加』が主な違いではあるのですが、ここまで違うと同じシステムを使った別ゲームにしか見えません。

このゲームはやり込めばやり込む程に面白くなってくるゲームなので、飽きるまで徹底的に遊び尽くすことをお勧めします。

ただ、やり込む程面白いゲームではあるのですが、面白さに反するように段々と欠点も見えてきてしまいます。

難しければ難しい程効率的に強くなりたいので、ガチャや素材の入手で運が絡んでくることがもどかしくなってくるからです。

ゲームを遊ぶ上で良いスパイスになっていて、遊ぶだけならあった方が楽しめるのですが、タイムアタックや縛りプレイをする時は効率良く進めないのは辛いものがあります。

ゲーム評価

ストーリー・登場人物

引用元:幽獄の14日間 ゲーム画面

評価ランク『B-』盛り込み過ぎ。

今作に限らず、饗庭淵様の投稿作品全てに言えることでもあるのですが、世界観の作り込みが半端ではありません。

ストーリーが魔物を倒して出ていくだけだと固定されていることや、世界観の上を登場人物が歩いている様な会話シーンを見ていると余計にこのことが目立っていることが分かります。

ただ、少し考えてしまうのが、ここまでの世界観の設定が短編に必要あったのかということです。

悪い事ではもちろん無いのですが、ゲーム中でゲーム世界の知識が必要になることは殆ど無いので、必要だとはどうしても思えません。

システム

引用元:幽獄の14日間 ゲーム画面

評価ランク『A』商業ゲーム並の完成度

※わずかな欠点があるので本来なら『A-』となるのですが、気にしなければ問題にならない為『A』としています。

聖霊と魔物がランダムに召喚される聖霊召喚というガチャ要素、素材の収穫からのアイテム錬成というマイクラ要素、新しい聖霊が仲間になった時や魔術を覚えた時等に、任意のタイミングで聖霊と会話することができるおまけ要素、これらの充実した要素を詰め込んでいるだけでも驚愕なのに、この上、難易度をNORMALからHARDに変えると、イベントの追加と変更、新キャラの追加、初期聖霊の変更、会話の追加で、同じシステムの続編の様に様変わりします。

ただ、これだけ盛り込んだ完成されたゲームでも、唯一欠点とも取れてしまうのが魔術書の習読です。

最終日まで進めば全ての魔術が習得出来る為、主人公を自分で作り上げる楽しさが薄れてしまっています。

HARDモード以降なら、効率的にクリアを目指すのでこのままの方がいいのでしょうが、NORMALモードで純粋に楽しむためだけなら、少しは不自由さがあった方が良かったかもしれません。

グラフィック

引用元:幽獄の14日間 ゲーム画面

評価ランク『B-』あそこさえ!

必要な物を詰め込んでいて分かりやすい構成の部屋なっているので、プレイヤーからすると遊びやすくタイムアタックには向いているだけでなく、1マップしかないので、部屋に閉じ込められている閉塞感を出すことに成功しています。

それに、登場人物が全てオリジナルイラストなので聖霊との会話シーンで感情の表現が細かく出来ていますし、HARDモードの紺の聖霊は異世界に迷い込んだ学生の様で特色が出ています。

ただ、ゲームを開始すると画面にいきなり名前入力が出てくる所はいただけません。

『主人公名前入力』と一文だけでも書いてくれるだけでもあれば良かったのですが、何も書いていないので何の名前なのかさっぱり分からず入力するのに戸惑ってしまいます。

総評

引用元:幽獄の14日間 ゲーム画面

評価ランク『B』短編ゲームとは思えない程様々な要素を盛り込んだRPG。

※短編なので『B』ですが、『A-』並のスペックはあるゲームです。

ここまで完成している短編フリーゲームはあまり無いでしょう。

大体のことがこのゲーム1つに詰まっていて、しっかりと作られた世界観、オリジナルイラスト、難易度選択、ガチャ、アイテム制作と、短編であることが惜しいくらいのゲームです。

同じ投稿者のお勧めゲーム

引用元:人類滅亡後のPinocchia ゲーム画面

画像からリンク!

ゲーム名ジャンルゲーム投稿日最新更新日
人類滅亡後のPinocchiaSFRPG2018-04-082018-05-08
参考:ニコニコ動画・ゲームアツマール ふりーむ

人類の未来はあなたにかかっている!

記載ゲーム

ゲーム名幽獄の14日間
投稿者名饗庭淵
最新バージョン1.16
ゲーム投稿日2016-03-31
ゲーム最新更新日2016‐06‐02
ジャンル管理型脱出RPG
推奨年齢全年齢
動作環境Win 7 32bit/7 64bit/8 32bit/8 64bit/10 32bit
必要ソフト・ランタイムなし
動画投稿の使用許可使用自由
ふりーむ!DL版ゲームページhttps://www.freem.ne.jp/win/game/11557
公式ゲームページhttp://aeb.iinaa.net/PP.html
参考:ふりーむ!

※記事投稿後にゲームの更新がありましたらコメントに書き込んでください。

記事にできるほどの更新内容であれば更新させて頂きます。

1 thought on “聖霊と協力して魔物を倒せ!幽獄から脱出する管理型脱出ロールプレイングフリーゲーム『幽獄の14日間』紹介&レビュー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。